NIC's Story
NIC's Story
1978 年以前

~水俣病発生以降の日本~

公害病と認定され甚大な被害を及ぼした水俣病発生以降の日本は、水銀測定の需要がにわかに高まった時期でもあります。

加熱気化及び2段階での金アマルガム捕集の技術が現在の親会社であるリガク株式会社の技術者チームによって研究され、化学薬品を用いた前処理を必要とせず、直接かつ迅速な測定を実現した、おそらく世界初の加熱気化水銀送定装置の開発に成功しました。

この装置はリガクSPと名付けられました。

1978 年

日本インスツルメンツ株式会社(通称:NIC)が誕生

半自動加熱気化水銀測定装置(リガクSP)の継続的な改良により、1978年にリガク株式会社を親会社として、水銀測定装置の開発、製造に特化し、水銀分析を支援する目的で、日本インスツルメンツ株式会社が設立されました。

SP-2

SP2

SPシリーズの第2世代としてSP-2が商品化され、販売されました。

1982 - 1985 年

新製品の発売

RAシリーズ

卓上型還元気化水銀測定装置

RAシリーズ

ARAシリーズ

水/廃水中の水銀オンラインモニター

ARAシリーズ

PMシリーズ

ガス中水銀の電池式可搬型金アマルガム水銀測定装置

PMシリーズ
1986 年

野外調査

土壌ガス中水銀測定(東北)

モデルPM-1Aを用いた調査

土壌ガス中の水銀を測定して地熱調査を行うため、現場での測定で使用されました。

PM-1Aは、2017年に再設計および発売されたEMP-Gold+の前身機種でもあります。

PM-1A

温泉地での研究(別府)

別府は国内有数の温泉地で、市内だけでも2,000以上の温泉があります。そこで地熱調査を実施しました。

PM-1A
PM-1A

大分県別府市の九州大学で使用中のPM-1A

フィールド調査PM-1A

1986年:東北地方で使用中のPM-1および改良型PM-1A(よりコンパクトで軽量)

夜を徹したデータ収集

PM-1とPM-1Aは、その堅牢性により、フィールド測定が可能となり、夜を徹して土壌ガス中の水銀データを収集しました。

PM-1A
PM-1A

稼働中のPM-1A(北海道)

PM-1Aは、1986年に北海道でのフィールド調査で使用されました。携帯可搬型であるため、自然界中の水銀濃度測定が可能になりました。

PM-1A

超微量レベルの水銀測定

超微量レベルの水銀のフィールド測定では、携帯性が非常に重要です。
我々は電池式の金アマルガム水銀測定装置を1986年から手掛けてきました。

PM-1A

NIC's Storyは続きます。
続きの掲載をご期待ください。

 
水銀
 
水銀
日本インスツルメンツ株式会社
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4
Copyright© 2015 Nippon Instruments Corporation
日本インスツルメンツ株式会社
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4
Copyright© 2015 Nippon Instruments Corporation