PE-1000よくある質問と回答
PE-1000よくある質問と回答

PE-1000のよくある質問と回答

Q
検量線が引けません。どうすればよいですか?
A
  • バイアルは汚染されていませんか?
  • 配管は汚染されていませんか?

そんな時は 洗浄または交換して下さい。

  • 洗浄液は汚染されていませんか?
  • 標準液は正確に調製できていますか? 劣化していませんか?

そんな時は 再調製して下さい。

  • リークしていませんか?

そんな時は リークチェックを実施し、漏れ箇所を修復して下さい。

  • アルゴン, 空気圧は基準値内ですか?

そんな時は ガス圧を調整して下さい。

Q
ブランクが高いのですが、どうすればよいですか?
A
  • バイアルは汚染されていませんか?
  • 配管は汚染されていませんか?
  • シリンジは汚染されていませんか?

そんな時は 洗浄または交換して下さい。

  • 洗浄液は汚染されていませんか?

そんな時は 再調製して下さい。

  • 高濃度の水銀を測定しませんでしたか?

そんな時は 高濃度汚染時の対処方法を参考に交換, 洗浄して下さい。

  • 環境中の水銀濃度は上昇していませんか?

そんな時は 換気, 発生源の除去または装置を別の部屋に移動させて下さい。

Q
感度が低いのですが、どうすればよいですか?
A
  • 標準液は正確に調製できていますか? 劣化していませんか?

そんな時は 再調製して下さい。

  • 配管は汚染されていませんか?

そんな時は 洗浄または交換して下さい。

  • リークしていませんか?

そんな時は リークチェックを実施し、漏れ箇所を修復して下さい。

Q
ピーク形状がおかしいのですが、どうすればよいですか?
A
  • リークしていませんか?

そんな時は リークチェックを実施し、漏れ箇所を修復して下さい。

  • サンプルにハロゲン等の干渉物質が含まれていませんか?
  • ランプは劣化していませんか?

そんな時は 弊社までご連絡下さい。

Q
ピークが出ません。どうすればよいですか?
A
  • V1, V3バルブは作動していますか?

そんな時は 交換して下さい。

  • サンプルにハロゲン等の干渉物質が含まれていませんか?
  • ランプは劣化していませんか?

そんな時は 弊社までご連絡下さい。

Q
バブリングしません。どうすればよいですか?
A
  • 継ぎ手からリークしていませんか?

そんな時は 漏れ箇所を修復して下さい。

  • インピンジャーは欠けていませんか?

そんな時は 交換して下さい。

Q
フローエラーが発生します。
A

そんな時は アルゴンガス, エアーガスの流量異常に発生します。それぞれの供給2次圧を確認し、リークチェックを実施して下さい。

Q
高濃度汚染してしまったのですが、どうすればよいですか?
A

そんな時は 試料注入部, セル, 継ぎ手を洗浄または交換して下さい。配管チューブ, 試料加熱管, セプタム, 捕集管を交換して下さい。

Q
リークチェックの方法を教えてください。
A

そんな時は ソフトウェアを開き、メニュー「実行」→「リークチェック」をクリックして下さい。CHECK1~4があり、それぞれクリックして下さい。

CHECK1:加熱管→ドレインラインのリークチェック。1分後に0.06±0.01L/minになることを確認して下さい。

CHECK2:測定ラインのリークチェック。CHECK1の流量に対して0.005L/min以上の差がある場合は微小リークの可能性があります。

CHECK3:捕集管加熱炉 (RH-PE:オプション) を接続時に確認。CHECK2と同様に判定。

CHECK4:バルブV6の漏れ (アルゴンとエアーの切り替え) を確認。1分後に流量がゼロになることを確認して下さい。

Q
装置の廃棄方法で注意する点はありますか?
A

そんな時は 装置内の水銀ランプと活性炭フィルターに水銀が含まれています。

 
水銀
 
水銀
日本インスツルメンツ株式会社
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4
Copyright© 2015 Nippon Instruments Corporation
日本インスツルメンツ株式会社
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4
Copyright© 2015 Nippon Instruments Corporation