SDM-1
SDM-1

概要

排ガス中水銀自動計測器SDM-1は、バグフィルター以降の排ガス中のガス状水銀を連続測定する装置です。ガスを採取するプローブPRD-1と、検出器SDM-1E、水銀標準ガス発生器MGS-1Eから構成されています。
プローブでは、測定の妨害となる粉塵や干渉ガス成分を取り除き、排ガス中の水銀化合物を固体還元剤(自社独自技術)で還元します。また、過剰な水分を取り除くことによりサンプリング導管の加熱を不要としています。校正係数から還元剤触媒の劣化が把握できるため、過剰な触媒管交換を抑制する事によりランニングコストを抑える事が出来ます。

用途

測定方法

還元気化法

特長

正確、安心、安定の測定を実現

排ガス中水銀自動計測器SDM-1は、バグフィルター以降の排ガス中のガス状水銀を連続測定する装置です。

ガスを採取するプローブPRD-1と、検出器SDM-1E、水銀標準ガス発生器MGS-1Eから構成されています。

SDM-1

プローブでは、固体還元触媒 (自社独自技術) で測定の妨害となる粉塵や干渉ガス成分を取り除くと共に、排ガス中の水銀化合物を還元します。
また、過剰な水分を取り除くことによりサンプリング導管の加熱を不要としています。

検出器では、原子吸光分析法に基づき、水銀ガスの吸光度を測定して水銀濃度を算出し、測定結果を液晶画面に表示します。それと同時にアナログ信号を出力し、内部メモリーにも記録します。

安定した正確な測定が持続
  • 自動スパン校正機能を搭載し、確かな水銀濃度測定を実現しました。
  • 触媒前から標準ガスを注入することで、触媒の劣化を判断でき、正確な触媒管の交換時期がわかります。
  • 任意の間隔、時間にスパン校正が可能です。
  • プローブの電子クーラーで除湿することで、加熱導管なしでの正確な測定ができます。
  • Windowsパソコンと接続でき詳細データーの記録も可能です。
簡単メンテナンス

一体化した「ろ紙と触媒部」で、プローブメンテナンスが簡単にできます。(交換頻度1回/3ヶ月推奨)

触媒管

フロー図

フロー図

仕様

検出器

型名 SDM-1E
測定対象 固定発生源排ガス中のガス状水銀
測定方式 乾式還元気化紫外線吸光光度法
測定原理 非分散ダブルビーム冷原子吸光法
光源 低圧水銀ランプ
受光部 光電管
測定範囲 0~2000μg/m3N (任意設定可能)
最小表示桁 0.1μg/m3N
最大表示 2000μg/m3N
繰り返し性 (再現性) ±2% (FS)
ゼロドリフト ±2% (FS)
直線性 (スパンドリフト) ±2% (FS)
指示誤差 ±3% (FS)
応答時間 90%応答30秒以内 (SDM-1E本体入口より)
試料ガスの流量変化に対する指示値の安定性 ±2% (FS)
電圧変動に対する安定性 ±2% (FS)
ゼロ校正 ゼロ校正中はゼロ校正に入る直前の水銀濃度値をホールドします。
2分/1時間 (測定サイクル時間変更可)
表示 5.7インチカラーLCD
操作 タッチパネル (抵抗膜方式)
アナログ出力信号 絶縁DC4 20mA、負荷抵抗600Ω以下
①水銀濃度瞬時値:0~2000μg/m3N
※フルスケール値は任意設定が可能
接点出力信号 抵抗負荷AC125V 3A DC30V 3A
①校正中 (ゼロ調整/自動校正中):発生時接点 閉
②一括故障 (機器異常/電源断):発生時接点 閉
③調整中:発生時接点 閉
接点入力信号 ①測定停止:指令時接点 閉
停電後復帰 自動復帰または手動復帰を選択可能
自動復帰:STANBY (20分) 後、測定を開始します。
手動復帰:STANBY (20分) 後、READY状態になり待機します。
電源 100V±10% 50Hz/60Hz 消費電力0.3kVA (SDM-1E) +0.5kVA (PRD-1)
適用規格 日本産業規格JIS B 7994排ガス中の水銀自動計測器に準じます。

検出器 (筐体仕様)

キャビネット構造 屋内仕様 (水切構造、防塵・防水パッキン付)
寸法 605(W) × 703(D) × 1653(H) (ラック全体として、突起・スタンド含まず)
重量 40kg (スタンド含まず)
外装 材質 鉄 (板厚 1.6mm)
外装塗装色 マンセル 5Y7/1 (半艶)

プローブ

型名 PRD-1
プローブ長 600mm~ (200mm単位で要相談)
フランジ規格 JIS10K100A FF相当のネジピッチに準拠
プローブ材質 SUS316+テフロンコーティング
プローブ内管 テフロンチューブφ6×4
加熱 プローブ、ダストフィルター部、還元部
フィルター 円筒濾紙 (グラスウール製)
還元方式 固体還元剤
ガス流量 ~0.5L/min
除湿 電子冷却方式
ドレイン排水 0.08mL/min 水分20%の時 (排水はポンプにより煙道へ戻します)
異常検出 温度異常検出
電源 100V±10% 50Hz/60Hz 0.5kVA

プローブ (筐体仕様)

構造 防雨構造
寸法 324(W) × 320(D) × 439(H) 取手、スタッドボルトを除く
重量 約20kg
外装材質 ステンレス (板厚 1.2mm)
外装塗装色 マンセル 5Y7/1 (半艶)

水銀標準ガス発生器

型名 MGS-1E
恒温部温度 60℃±0.3℃
キャリアガス 窒素ガス (G1グレード)
流量 0~10mL/分 (可変)
標準ガス濃度 0~206μg/m3
精度 ±1μg/m3 (発生最大濃度の±5%)
(精度保証設置温度範囲20~30℃)
寸法 430(W) × 480(D) × 230(H)
重量 本体 約22kg
①希釈ポンプユニット
150(W) × 444(D) × 415(H) (mm)、重量 約12kg (取手を除く)
②ブースターポンプユニット
150(W) × 315(D) × 320(H) (mm)、重量 約8kg (突起、取手を除く)

設置環境

ユーティリティー

電源 AC100V±10% 50/60Hz 1.8kVA
※単独電源が不可の場合は、本体用1.3kVAとクーラー用0.5kVA、2系統に分割可
空気源 計装用空気 (0.1~0.2MPaG)

環境条件

周囲温度 5~35℃* (盤クーラー設置時:5~50℃)  *:プローブは-5~45℃
湿度 90%RH以下であること
日射 直射日光が当たらないこと。

測定ガス条件

NOx 0~200ppm (200ppm以上は触媒の寿命を短くする可能性があります)
O2 0~25%
SOx 0~200ppm (200ppm以上は測定結果に正の誤差を与えます)
HCl 0~1000ppm (1000ppm以上は測定結果に負の誤差を与えます)
CO 0~1000ppm
ダスト 0~0.05g/m3N
温度 ~200℃
圧力 -20~2.0kPa
水分 0~50vol% ※ガス温度条件による

外形図

外形図
 
水銀
 
水銀
日本インスツルメンツ株式会社
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4
Copyright© 2015 Nippon Instruments Corporation
日本インスツルメンツ株式会社
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4
Copyright© 2015 Nippon Instruments Corporation