WA-5Aよくある質問と回答
WA-5Aよくある質問と回答
WA-5Aのよくある質問と回答

NIC Web会員サイトにはより詳細な回答が掲載されています。こちらから登録してご活用ください。

Q
 
ブランクが高いのですが、なぜですか?
A
 

ブランク値の異常には、下記の原因が考えられます。

測定経路の汚染

高濃度の水銀を測定後は、測定経路中に水銀が残留し測定時にブランクとして検出されてしまいます。

環境由来

測定環境中の水銀濃度が高いと、キャリアガスが大気なため水銀を検出してしまいます。

捕集管の汚染

高濃度の水銀を吸着すると焼き出しきれずに管内に残留してしまう可能性があります。

緩衝溶液のコンタミ

緩衝溶液の劣化やグレードによってはブランクが高いことがあります。

Q
 
リークがおさまりません。どうすればよいですか?
A
 

以下を確認してください。

  • ジョイントの増し締め、セルの状態を確認してください。
  • 洗気瓶と除湿瓶周りのジョイント、クランプが閉まっているか確認してください。
  • 洗気瓶や除湿瓶に水が溜まり、測定時にフローセンサーまで水分が飛んでしまい故障する場合があります。
    フローセンサーの故障時にはサービスグループまでご連絡ください。
  • セプタムの劣化、ジョイント部でリークしている可能性があります。
Q
 
感度が低いのですが、どうすればよいですか?
A
 

以下の原因が考えられます。

標準ガスの異常

シリンジか標準ガス(MB-1)の異常が考えられます。

  • シリンジで水を採取し重さを測定してください。針結合部やピストン部分でのリークか、針先にセプタムのゴムが入り込んでいる可能性があります。
  • 針はコーティング済みの針先が横穴タイプのものを使用してください。
  • MB-1の温度表示が室温と大きく異なり、電池交換でも改善しない場合は、サービスグループまでご連絡ください。

装置の異常

リーク、ヒーター、バルブ動作の異常が考えられます。

  • リークチェックを実施して、リークがないことを確認してください。
  • ピークの立ち上がりが遅い場合や、ピーク形状がおかしい場合は、サービスグループまでご連絡ください。
  • メンテナンス画面よりバルブをON/OFFし動作音がするか確認してください。動作していない場合はサービスグループまでご連絡ください。

配管の汚れ・劣化

配管の汚れや劣化により感度が低下する可能性あります。以下を確認して下さい。

  • 除湿瓶後段のジョイントを外し、直接標準ガスを注入してください。感度が回復する場合は除湿瓶までの経路を洗浄してください。
    感度が回復しない場合は内部の配管や、ジョイントを洗浄してください。
  • TC-WA~WA間のチューブは、サンプルによっては汚れが付きやすい箇所となります。感度低下がある場合はチューブを交換してください。
Q
 
感度が高いのですが、なぜですか?
A
 

以下の原因が考えられます。

標準ガスの異常

シリンジの汚染か標準ガス(MB-1)の異常が考えられます。

セプタムの汚染

STD注入ポートのセプタム汚染が考えられます。

H2から吸収セル間の流量低下

リーク、捕集管の詰まり、ポンプ、フローセンサーの異常が考えられます。

Q
 
TC-WA(サンプルチェンジャー)でエラーが発生した。どうすればよいですか?
A
 

エラーコードにより対応を切り分けてください。

エラーコード11,12,16,17の場合

ヒーター、テーブル部のエラーとなります。装置再起動で復旧しない場合は、サービスグループにご連絡ください

エラーコード13,14,15の場合

リフト部のエラーとなります。電源を落とし装置内部を開けリフト軸を手動で回してください。

◎自動復旧は難しい為、装置再起動でも発生する場合は、サービスグループにご連絡ください

◎リフト軸を手動で回し、装置を再起動してください。

  • リフト軸にグリースを塗布してください。
  • 再起動後頻発する場合は、サービスグループにご連絡ください
Q
 
ヒータエラーが発生した。どうしたら良いか?
A
 

以下の原因が考えられます。

H1ヒータの破損
H2ヒータの破損
H3ヒータの破損

  • 破損したヒータの交換作業が必要となります。サービスグループにご連絡ください
  • H1、H2の場合はWA本体のヒーター、H3の場合はTC-WA(サンプルチェンジャー)のヒーターとなります。
Q
 
捕集管のメンテナンスはどうすればよいですか?
A
 

以下の操作を行ってください。

(1) ブランク下げ

捕集管を電気炉で800℃で加熱、または装置で空焼きを行い、捕集管のブランクを下げます。

(2) 拭き取り清掃

エタノールで軽く湿らせた綿棒で捕集管内部を拭き、ガラス管部分の異物を取り除きます。

(3) 石英ウールの交換

石英ウールが変色している場合は、石英ウールを交換します。

 
水銀
 
水銀
日本インスツルメンツ株式会社
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4
Copyright© 2015 Nippon Instruments Corporation
日本インスツルメンツ株式会社
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4
Copyright© 2015 Nippon Instruments Corporation